超カンタン!OSAKEいろいろ 料理とのマリアージュ レシピ
日本酒レシピ 今回のレシピ 鶏モモ肉ときのこのさっと甘辛煮
鶏モモ肉ときのこのさっと甘辛煮
照り焼きチキンの中に、きのこのぷりぷりした食感と味わいが秋らしい一品。甘辛いタレが大人から子どもにまで好まれる照り焼きチキンですが、三つ葉の香りが全体を大人っぽく仕上げてくれます。
相性のいい日本酒 超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦 ひやおろし
ひと夏越して程よく熟成した純米酒を生詰し、飲み頃になる秋に蔵出しされる限定酒。純米ならではのコクと、生詰によるフルーティーさが鶏肉の甘辛いコクと調和し、より一層美味しく、お酒のフルーティーさが心地よく感じられます。広口の猪口や杯で飲むと、より一層このお酒の美味しさを堪能できます。
超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦 ひやおろし

鶏モモ肉ときのこのさっと甘辛煮  材料(2〜4人分)
●鶏モモ肉・・・260g(1枚)
●しめじ・・・130g(1パック)
●三つ葉(みじん切り)・・・適量
【調味料】
<調味料A>
砂糖・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
酒(純米酒)・・・大さじ1
一味・・・少々

●油・・・適量
●塩・こしょう・・・各適量
●一味・・・適量
作り方
しめじは石付を切り取り、長さを半分にカットしてほぐしておく。鶏モモ肉は4×5cm目安の大ぶりの一口大に切り、軽く塩・こしょうする。
フライパンを熱して油をひき、鶏肉を皮から焼く。ほどよく焼き色が全体につき8割火が通ったら、1のしめじを加え、さっと炒める。
2に調味料Aを合わせたタレを入れ、煮絡める。しめじはぷりぷり感を残し、全体に照りよくなればOK。
器に3を盛り、三つ葉のみじん切りを散らし、一味を好みで振りかけて出来上がり。