超カンタン!OSAKEいろいろ 料理とのマリアージュ レシピ
日本酒レシピ 鯛のテンメンジャンソース
鯛のテンメンジャンソース
フライパンで魚を焼く時のポイントは、とにかく皮目からほぼ全体に火を入れるつもりで、皮をサクッと香りよく焼き上げること。皮を焼いている間に身はよく温められているので、返してから短時間で火が通ります。テンメンジャンにお好みソースを入れるだけで、お好みソースの複雑な美味しさが加わり、感激の味を作ってくれます
相性のいい日本酒 超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦 ひやおろし
ひと夏越してほどよく熟成した味わい豊かな純米酒に、焼いた鯛の旨みと テンメンジャンのコクがとてもよくマッチします。
超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦 ひやおろし

鯛のテンメンジャンソース 材料(2人分)
●鯛切り身・・・2切れ
●土生姜・・・半かけ

【調味料A】
テンメンジャン (中国甘みそ)・・・大さじ1
お好みソース(甘口)・・・大さじ1/2
塩・こしょう・・・各適量
油・・・適量

作り方
1 鯛は大きい中骨をはずし、両面に塩・こしょうをする。
2 よく熱したフライパンに油をひき、鯛の皮目から焼いていく。皮目からほぼ全体に火を入れるつもりで、はじめは強火、そして中火にしてじっくり焼く。
3 2の皮目がしっかり焼け、身の大半(中央以外)が白っぽくなったら、身の方をさっと焼いて器に盛る。
4 3にテンメンジャンとお好みソースを2対1で混ぜたソース(調味料A)をかけ、みじん切りにした土生姜を散らす。
※土生姜の辛みが強い時は茶こしに入れて水をかけ、水分を切って使う。