• facebook
  • 简体中文
  • FRENCH
  • ENGLISH
  • CM情報
  • スキンケアシリーズ ネオキューブ
  • 日本酒由来の新素材 αGG
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿クラシックス
ホーム > 白鹿記念酒造博物館 > 記念館展示スケジュール
白鹿記念酒造博物館
記念館展示スケジュール
お知らせ
2016年11月23日(水)~2016年12月5日(月) 「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館
入館料: 一般200円、中・小生100円
企画展
堀内ゑびすコレクション 『趣味家たちの 蒐集たからぶね』
2016年12月7日(水)~2017年1月11日(水)

※2017年1月10日(火)は「十日えびす」で臨時開館

※年末年始休館日2016年12月30日(金)~2017年1月3日(火)

展観:
堀内ゑびすコレクションは、医学博士の傍ら郷土史家としても活躍された故堀内泠(きよし)氏(1924~2009)が長年かけて収集されたものです。西宮で生まれ育った堀内氏のコレクションは主にえびす神を代表とする福の神、郷土史、風俗風習等の資料で構成されています。
今回はコレクションより「宝船」をご紹介します。宝船は良い初夢を見るために枕の下に敷かれた縁起物の船の図です。明治以降廃れていた宝船は大正期に収集対象として流行し、昭和初期にかけて趣味家と呼ばれたコレクターたちが自ら趣向をこらした宝船を発行し交換会や頒布会も行いました。集い遊び楽しんだ趣味家たちの、ちょっとヘンテコで愉快な宝船をお楽しみください。
入館料:
一般400円、中・小生200円
趣味家たちの 蒐集たからぶね

期間中イベント

2017年1月7日(土) 14:00~
「ミュージアムトーク」
担当学芸員による展示解説を行います。

お知らせ
2017年1月12日(木)~1月23日(月) 「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館
入館料: 一般200円、中・小生100円
企画展
『節句の人形』
2017年1月25日(水)~2017年3月5日(日)
展観:
子どもの健やかな成長や幸せを願って飾られる雛人形と五月人形。企画展「節句の人形」では、西宮の酒造家である辰馬家に所蔵されてきた人形を中心にご紹介いたします。特に1体の大きさが9cm前後の二寸雛・15人揃いは、その愛らしい姿で見る人の目を楽しませてくれます。
また今回で6回目となります京都・丸平文庫が所蔵する人形の特別展覧もいたします。冠の高さまで含めると70センチにもなる立ち姿の雛人形など、阪神間のひな祭りをテーマに華やかにご紹介いたします。
贅を尽くした人形たちを、ぜひ間近でご覧ください。
入館料:
一般400円、中・小生200円
節句の人形

期間中イベント

2017年2月4日(土) 14:00~
「ミュージアムトーク」
担当学芸員による展示解説を行います。

お知らせ
2017年3月6日(月)~3月17日(金) 「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館
入館料: 一般200円、中・小生100円
春季特別展
『笹部さくらコレクション』
2017年3月18日(土)~5月29日(月)

入館料:一般500円、中・小生250円

ページトップ