• 简体中文
  • FRENCH
  • ENGLISH
  • CM情報
  • スキンケアシリーズ ネオキューブ
  • 日本酒由来の新素材 αGG
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿クラシックス
お知らせ
新酒を告げる 杉の香りも清々しい「酒林(さかばやし)」付け替え-白鹿記念酒造博物館 2016年10月31日
16sakabayashi4.jpg

16sakabayashi5.jpg

本日2016年10月31日に、白鹿記念酒造博物館では玄関のシンボルとなっております酒林(さかばやし)の付け替えを行いました。

酒林は杉の葉を束ねて丸く球状に刈り込んで作ったもので、造り酒屋などの軒先に吊るすことで、新酒が出来た事を知らせる役割を果たしていました。酒林は、酒の神様をまつる奈良県大神神社(おおみわじんじゃ)の三輪山の杉にあやかったものとされ、三輪山の杉の木をご神木としていたので造り酒屋にとっても神聖なものでありました。

白鹿では、杜氏や蔵人から伝え受け継いできた方法を継承していく為に、毎年社内で酒林を製作し、六光蔵を始め社内外の各施設に吊るしています。

丹波の山から採取してきた杉の葉を一定の長さに揃え、竹で編んだ球状のかごに束ねて挿していき、約3週間かけて複数の酒林を仕上げていきます。杉の葉の採取から製作、付け替えまでを全て社員の手で行い、今年も無事に新酒が出来上がった事を感謝します。

本日、白鹿記念酒造博物館の入口に吊るされたのは、直径約1mで、また重さも約100kgの大きな酒林で、男性7人がかりで付け替えられました。

白鹿記念酒造博物館では新酒の季節を告げる風物詩として毎年、玄関先に酒林を吊るし、皆様のご来館をお待ちいたしております。


ページトップ
今年も酒林作りが始まりました 2016年10月26日
2016sakabayashi1.jpg



2016sakabayashi3.jpg

 

昨年よりいち早く、新酒の季節の到来を告げる風物詩の酒林(さかばやし)作りが始まりました。酒林とは、スギの葉を束ねて丸くボール状に刈り込んで作ったもので、「杉玉(すぎだま・すぎたま)」とも呼ばれています。

白鹿では、杜氏や蔵人から伝え受け継いできた方法を継承していく為に、毎年社内で製作しています。

丹波の山から採取してきた約750kgの杉の葉を一定の長さに揃え、竹で編んだ球状のかごに束ねて挿していき、約3週間かけて複数の酒林を仕上げていきます。

完成したばかりの酒林は、杉の葉の香りとともに青々としていますが、次第に枯れて茶色くなってきます。この変化が新酒の熟成具合を物語っているというものなのです。

今回製作する酒林は、白鹿記念酒造博物館のほかに六光蔵など当社の各施設にも吊るされますが、中でも一番大きいものは、白鹿記念酒造博物館の入口に吊るされ、重さ約100kg近くの大きな杉玉になります。

いつでも皆様にご覧いただくことができますので、お披露目までもう少しお待ちください。


ページトップ

  • 辰馬本家酒造株式会社

  • facebook
  • instagram
  • youtube