• 简体中文
  • FRENCH
  • ENGLISH
  • CM情報
  • スキンケアシリーズ ネオキューブ
  • 日本酒由来の新素材 αGG
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿クラシックス
ホーム > 白鹿からのお知らせ
お知らせ
2017年新春初めてしぼった『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』 数量限定発売 2017年01月13日
17hatsushibori.jpg


 

 2017年1月4日(水)に新年初めて六光蔵でしぼった『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』(内容量:720ml/価格:1,200円<税別>)を数量限定で発売いたします。

『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』は、しぼりたてのお酒を直ちに火入れ瓶詰めすることでフレッシュな味わいを閉じ込めており、爽やかさと原酒ならではのコクを同時にお愉しみいただけます。2017年新しい年を迎え、その年初めてしぼったお酒をできたての味そのままに贅沢に愉しめる、まさにこの時期だけのお酒です。


本醸造原酒のしっかりとした旨みと調和する寒ブリ、脂ののった刺身など旬の魚介類との相性が特によく、焼くことで甘みの増した焼きガニなどは、『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』と一緒に味わうことで素材そのもののリッチな旨さが一層増します。
この時期ならではの旬の食材と一緒に贅沢にお愉しみください。

『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』は、全国の酒販店、酒量販店のほか、
直営の『白鹿クラシックス』、『おづ Kyoto – maison du sake - 』、『おづオンラインショップ』でも発売いたします。
2017年新春にふさわしい“初しぼり”という、この時期しか愉しめない贅沢なお酒を是非ご堪能ください。


ページトップ
2017年『白鹿えびす市』開催のお知らせ 2016年12月22日

 2017ebishuichi.jpg

 2017年1月9日(月・祝)~11日(水)の3日間、新年のはじまりを食と新酒で愉しむ『白鹿えびす市』を開催いたします。

全国のえびす神社の総本山であり、「開門神事福男選び」で有名な西宮神社では、毎年1月9日から11日の3日間、「十日えびす」という商売繁盛を祈願する祭事が行われ、多くの方で賑わいます。
その西宮神社の南側で酒造りをする辰馬本家酒造でも、この「十日えびす」にちなんで毎年『白鹿えびす市』を開催し、蔵出し新酒を限定発売しております。

2017年も、無濾過生原酒『白鹿 六光蔵で一月四日にしぼりました』700本、『黒松白鹿 もち米四段 純米 にごり酒』300本をご用意して『白鹿えびす市』会場限定で販売いたします。 そのほか、酒蔵でしか味わえない手作りの粕汁や酒饅頭をはじめ、蔵元ならではの味わいをお愉しみいただけます。

西宮神社にお参りの際にはぜひ足をのばしてお立ち寄りくださいませ。白鹿社員一同、皆さまのお越しをお待ちしております!


                       『白鹿えびす市』 概要
◆開催日
2017年1月9日(月・祝)・10日(火)・11日(水)の3日間限定

◆営業時間
白鹿・戎蔵 特設会場…10:00-21:00(11日は19:00まで)
白鹿クラシックスショップ…10:00-19:00

◆販売商品
<700本限定>
「六光蔵で一月四日にしぼりました 300ml瓶」1000円(税込)
<300本限定>
「もち米四段 純米 にごり酒 300ml瓶」1000円(税込)
※限定品につき、売り切れの際はご容赦ください
その他、粕汁、酒饅頭、甘酒 など

 


ページトップ
MBS毎日放送「ザ・リーダー」で弊社社長・辰馬健仁が紹介されます 2016年12月16日

MBS毎日放送「ザ・リーダー」。この番組は、企業トップのサラリーマン人生の秘話、いま描いている人生の夢、会社への思いなど、さまざまなエピソードを交えながら、知られざる社長の人間像をクローズアップし、企業の魅力、未来を描く経済ドキュメンタリー番組です。

ナビゲーターのMBS高井アナウンサーにより、弊社社長辰馬が紹介されます。
日本酒は食のおいしさの引き立て役として、新たな日本酒の楽しみ方へのあくなきイノベーションをご紹介します。

放送日は、2017115日(日)朝500分~530分です。
ぜひ、ご覧ください。

詳しくはMBS「ザ・リーダー」公式ページ  http://www.mbs.jp/leader/


ページトップ
『モトロク灘の酒ストリート2016』 開催のお知らせ 2016年11月12日
motoroku2016_1.jpg

motoroku2016_2.jpg

神戸・元町六丁目商店街と灘五郷酒造組合がタイアップして「灘の酒」と「兵庫の食」のコラボを提案するイベント『モトロク灘の酒ストリート2016』が、2016年11月25日(金)・26日(土)に開催されます。
灘五郷の蔵元による有料試飲会や灘の酒に合う兵庫の食材を使用した神戸の有名店による飲食ブースのほか、「モトロク音楽ステージ」では音楽イベントを中心とするストリートイベントが行われます。
灘五郷のひとつ「西宮郷」から白鹿も出店いたします。「灘の酒」と「兵庫の食」を楽しむ2日間の特別な商店街にぜひ遊びにいらしてください!

<<< モトロク灘の酒ストリート2016 >>>
【日時】 2016年11月25日(金) 17:00~21:00
           2016年11月26日(土) 15:00~20:00
    
【会場】 元町6丁目商店街 (神戸市中央区元町通6丁目)
             阪神電鉄「西元町駅」西口を出てすぐ
             阪急電車「花隈駅」西口を出て南西へ徒歩約10分
             JR東海道線「神戸駅」中央口を出て南東へ徒歩約8分

【内容】 ●灘五郷の蔵元による有料試飲会
       お好きな灘の酒が3杯飲めるチケットを500円で販売
       ※試飲は売り切れ次第終了致します
           ●灘の酒に合うひょうご五国の食でおもてなし 
           ●モトロク音楽ステージ
   -------------------------------------------------------------------------
           *11月25日(金)のみ
            17:30~ 鏡開き オープニングセレモニー 
            18:20~ 酒造り唄(モトロク音楽ステージ)   
 
【お問い合せ】 元町六丁目商店街振興組合
                     TEL: 070-5652-1922
                     Mail: info@motoroku.com

【主催】 元町六丁目商店街、灘五郷酒造組合
【後援】 兵庫県神戸県民センター、神戸市、西宮市

※都合によりイベント・ショーの時間・場所・内容・出店店舗が予告なく変更または中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆詳しくは左のチラシをクリックしてご覧ください

 


ページトップ
新酒を告げる 杉の香りも清々しい「酒林(さかばやし)」付け替え-白鹿記念酒造博物館 2016年10月31日
16sakabayashi4.jpg

16sakabayashi5.jpg

本日2016年10月31日に、白鹿記念酒造博物館では玄関のシンボルとなっております酒林(さかばやし)の付け替えを行いました。

酒林は杉の葉を束ねて丸く球状に刈り込んで作ったもので、造り酒屋などの軒先に吊るすことで、新酒が出来た事を知らせる役割を果たしていました。酒林は、酒の神様をまつる奈良県大神神社(おおみわじんじゃ)の三輪山の杉にあやかったものとされ、三輪山の杉の木をご神木としていたので造り酒屋にとっても神聖なものでありました。

白鹿では、杜氏や蔵人から伝え受け継いできた方法を継承していく為に、毎年社内で酒林を製作し、六光蔵を始め社内外の各施設に吊るしています。

丹波の山から採取してきた杉の葉を一定の長さに揃え、竹で編んだ球状のかごに束ねて挿していき、約3週間かけて複数の酒林を仕上げていきます。杉の葉の採取から製作、付け替えまでを全て社員の手で行い、今年も無事に新酒が出来上がった事を感謝します。

本日、白鹿記念酒造博物館の入口に吊るされたのは、直径約1mで、また重さも約100kgの大きな酒林で、男性7人がかりで付け替えられました。

白鹿記念酒造博物館では新酒の季節を告げる風物詩として毎年、玄関先に酒林を吊るし、皆様のご来館をお待ちいたしております。


ページトップ
今年も酒林作りが始まりました 2016年10月26日
2016sakabayashi1.jpg



2016sakabayashi3.jpg

 

昨年よりいち早く、新酒の季節の到来を告げる風物詩の酒林(さかばやし)作りが始まりました。酒林とは、スギの葉を束ねて丸くボール状に刈り込んで作ったもので、「杉玉(すぎだま・すぎたま)」とも呼ばれています。

白鹿では、杜氏や蔵人から伝え受け継いできた方法を継承していく為に、毎年社内で製作しています。

丹波の山から採取してきた約750kgの杉の葉を一定の長さに揃え、竹で編んだ球状のかごに束ねて挿していき、約3週間かけて複数の酒林を仕上げていきます。

完成したばかりの酒林は、杉の葉の香りとともに青々としていますが、次第に枯れて茶色くなってきます。この変化が新酒の熟成具合を物語っているというものなのです。

今回製作する酒林は、白鹿記念酒造博物館のほかに六光蔵など当社の各施設にも吊るされますが、中でも一番大きいものは、白鹿記念酒造博物館の入口に吊るされ、重さ約100kg近くの大きな杉玉になります。

いつでも皆様にご覧いただくことができますので、お披露目までもう少しお待ちください。


ページトップ
『にしのみや Sweets & Sake Collection』 フォトコンテスト開催! 2016年09月30日

フォトコンテストは終了いたしました。たくさんの投稿ありがとうございました!

2016年10月1日(土)・2日(日)の両日に開催する「第20回西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」白鹿会場におきまして、フォトコンテスト『にしのみや Sweets & Sake Collection 投稿キャンペーン』を開催いたします。
 
にしのみや Sweets&Sake Collection』の3つの会場:

◆ おうちでのスイーツとお酒の楽しみ方を提案する
「にしのみや SAKE SWEETS博覧会2016」(於:白鹿クラシックスショップ

◆ 音楽とともに楽しむ「ミュージックガーデン」(於:酒蔵館中庭)

◆ ピクニック気分で楽しむ「アウトドアガーデン」(於:記念館駐車場)

にて、音楽やアウトドアを楽しむ様子、スイーツや日本酒を楽しむ様子、ワークショップを楽しむ様子など、写真とコメントで『にしのみや Sweets&Sake Collection』会場の楽しさを自由に伝えてください。

素敵な投稿をいただいた10名様に「白鹿クラシックス大吟醸720ml瓶」をプレゼントいたします。
ぜひ会場に遊びに来て、ふるってご応募ください!

投稿期間:10月1日(土)~10月7日(金)
※20歳未満の方は投稿いただけません。 


ページトップ
10月1日・2日『にしのみや Sweets & Sake Collection』開催のお知らせ 2016年09月21日

    sweets&sake_leaflet1.jpg

   sweets&sake_leaflet2.jpg

 来る2016年10月1日(土)・2日(日)の両日、「第20回西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」白鹿会場におきまして、『にしのみや Sweets & Sake Collection』を開催いたします。

ショップ&レストラン白鹿クラシックスおよび白鹿記念酒造博物館のある一帯をメイン会場とし、おうちでのスイーツとお酒の楽しみ方を提案する「にしのみや SAKE SWEETS博覧会2016(於:白鹿クラシックスショップ)」、音楽とともに楽しむ「ミュージックガーデン(於:酒蔵館中庭)」、ピクニック気分で楽しむ「アウトドアガーデン(於:記念館駐車場)」の3つのテーマで展開いたします。
また、白鹿クラシックスレストランでは、お食事とお酒をゆっくりと楽しんでいただけます。
深まりゆく秋を“外と内”でゆったりとお楽しみください。

◆期間

2016年10月1日(土)・2日(日)
※開催時間は各会場によって異なります。
詳細は『にしのみや Sweets & Sake Collection』イベントページをご確認ください。

◆開催場所

 
※荒天の場合は主催者の判断で中止になる可能性があります。
※駐車場は白鹿クラシックスの16台のみとなっております。
混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関を使ってお越しください。
※ペットの入場はご遠慮ください。
 
 

 

 


ページトップ
平成28年度「灘の生一本」 発売のご案内 2016年09月08日

 nadanokiippon2016.jpg

神戸から西宮にかけて酒蔵が建ち並ぶ「灘五郷」は、江戸時代から続く日本一の酒どころ。その灘で生まれた生粋の純米酒のことを「灘の生一本」といいます。

昨年に引き続き、「灘酒プロジェクト」として灘五郷9社(大関・菊正宗・剣菱・櫻正宗・沢の鶴・道灌・日本盛・白鹿・白鶴)から同時に「灘の生一本」を発売いたします。
どの銘柄の「灘の生一本」も、味や香りの表現について「灘酒研究会酒質審査委員会」がその酒質を審査、認定した個性豊かな純米酒です。
「黒松白鹿 灘の生一本 純米酒 720㎖瓶詰」は、兵庫県産米山田錦100%使用したまろやかで旨みある純米酒で、適度な甘味と、飲みごたえのあるお酒であると「灘酒研究会酒質審査委員会」で認定されました。
白鹿の「灘の生一本」は、2016年9月26日(月)より白鹿クラシックスおづKyoto - maison du sake - 等でお買い求めいただけるほか、おづオンラインショップでもご注文承りを開始いたします。
9銘柄それぞれに個性のある味わいの「灘の生一本」をぜひ飲み比べてみてください!

「灘の生一本」の詳細はこちらから。


ページトップ
10月1日 『全国一斉 日本酒で乾杯!』イベントのお知らせ 2016年09月07日

hakushika_objects.jpg

日本の國酒である日本酒を後世に伝えるという思いを新たにするとともに、一層の愛情とご理解をという願いを込めて、日本酒造組合中央会が10月1日を、「日本酒の日」と定めてから今年で38年になります。

日本酒造組合中央会を中心として、毎年10月1日に全国各地で、同じ時間に日本酒で乾杯をする『全国一斉 日本酒で乾杯!』イベントを行っていますが、今年は全国各地のイベント会場以外からも参加いただけます。

10月1日0:00~24:00の間に、facebook ・ twitter ・ instagramから「日本酒で乾杯!」している写真を投稿していただくと、イベントに参加できる上、抽選で蔵元自慢の日本酒が当たるキャンペーンも行われます。

詳細はぜひ『全国一斉 日本酒で乾杯!』特設公式サイトをご覧ください。

◆特設公式サイト: http://kampai-sake.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップ
前の10件 1  2  3  4  5

  • 辰馬本家酒造株式会社

  • facebook
  • instagram
  • youtube