• 简体中文
  • FRENCH
  • ENGLISH
  • CM情報
  • スキンケアシリーズ ネオキューブ
  • 日本酒由来の新素材 αGG
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿クラシックス
ホーム > 白鹿からのお知らせ
お知らせ
『白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』ご来場ありがとうございました! 2017年02月20日
17kurabiraki marche1.jpg17kurabiraki marche3.jpg
17kurabiraki marche6.jpg

17kurabiraki marche4.jpg

 

 

2月18日(土)に『白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』を開催いたしました。今年は約5,500名のお客様にご来場いただき、初めて蔵開きに来たという女性の声も多く聞かれ、大盛況のうちに終了いたしました。多数ご来場いただき、誠にありがとうございました。

今年は、毎年恒例の「蔵見学」や「樽の菰巻き」のほか、お酒を飲めない方やお子様たちにも楽しんでいただける“体験型蔵開き”をコンセプトに、初めての試みとして「酒蔵ラボ」や「ミニ酒林つくりワークショップ」を行いました。

「酒蔵ラボ」では、研究者のように白衣を着た子供たちから歓声があがるなど“酒蔵サイエンス”を楽しみながら体験していただき、「ミニ酒林(杉玉)づくり」のワークショップでは、丸い形に葉を刈り込んで仕上げていく作業に親子でふれあいながら楽しんでいただきました。

また、販売商品として、蔵開き限定の「白鹿 蔵開き しぼりたて無濾過生原酒」や「山田錦 袋搾り 大吟醸」などお酒のほか、食は“発酵”をテーマに、デミグラスソースに酒粕を使った西宮バーガー、山田錦米酒粕カレー、酒粕おでん、鯖寿司、山田錦ポン菓子、SAKEスイーツなどをご用意。
中でも、「SAKEムース」や「甘酒プリンいちごソースかけ」などのSAKEスイーツは女性を中心にお楽しみいただきました。

お酒、食とも、おかげさまですべて完売となりました。
ありがとうございました。

辰馬本家酒造では、来年もテーマ性をもち、新しいコンテンツプログラムを用意した蔵開きで皆様をお迎えします。

 

 

 


ページトップ
平成29年 白鹿特別酒蔵見学会 参加者募集! 2017年02月20日

 大変お待たせいたしました!毎年大好評の「白鹿特別酒蔵見学会」を今年度も開催いたします。
普段は一般公開されていない白鹿の醸造蔵「六光蔵」の見学や樽の菰巻き実演、きき酒大会に酒ミュージアム見学など盛りだくさんの内容。中でも、蔵でしか飲めないしぼりたてのお酒の試飲は、お酒好きにはたまりません!ぜひこの機会にご参加ください。お申し込みの締め切りは各見学日の3週間前。応募多数の場合は抽選となります。 

sakagurakengaku.jpg▼平成29年 白鹿特別酒蔵見学会▼
◆開催日時
平成29年 1月28日(土)  9:00〜12:00 ※締切
平成29年 3月11日(土)  9:00〜12:00 ※締切
平成29年 4月  8日(土)  9:00〜12:00 ※締切

※たくさんのご応募ありがとうございました。今シーズンの募集は終了いたしました。

◆申込締切
各見学日の3週間前
◆募集人員
各回40名
◆参加費
無料

参加ご希望の方は<お申し込みフォーム>よりご応募ください。

※応募者が40名以上の場合、抽選の上、当選者さまへの招待状(ご当選通知書)の発送をもって発表にかえさせていただきます。
※見学日当日、お送りした招待状(ご当選通知書)のご持参なき場合はご入場いただけませんので、忘れずお持ちください。
※未成年者の応募・参加および未成年者の同伴はできません。
※お車・バイク・自転車でのご参加は固くお断りさせていただきます。
 
皆様のお越しをお待ちしております!
 

 


ページトップ
桜とともに花ひらく時を待ちわびる、春を感じるお酒『白鹿 花ひらく 吟醸生酒』3,000本限定発売 2017年02月09日

 2017hanahiraku.jpg

低温でゆっくりと発酵させ、華やかな香りを醸す『白鹿 花ひらく 吟醸生酒』(内容量:500ml/価格:1,000円<税別>)を3,000本、2017年2月13日(月)に全国で限定発売いたします。

桜の花芽が開花に向けて準備を始める、暦の上では春が始まる直前の寒の時期に仕込み、ゆっくりと時間をかけて低温で発酵させた『白鹿 花ひらく 吟醸生酒』は、芳ばしい甘く華やかな香りを放ち、繊細な中にも力強さを感じる味わいを楽しめるお酒です。

桜を愛でながら味わっていただきたいとの思いから、仕込みのタイミングにこだわり、一切の火入れをしないしぼりたての本生の吟醸酒に仕上げました。華やかな香りとフレッシュで爽やかな甘みが特徴で、えびやあなご、きすなど魚介の天ぷら、豚肉や鶏肉のグリルを爽やかに塩やレモンで愉しむのがおすすめです。

『白鹿 花ひらく 吟醸生酒』は、全国の酒販店、酒量販店のほか、
直営の『白鹿クラシックス』、『おづ Kyoto – maison du sake - 』、『おづオンラインショップ』でも発売いたします。

桜とともに花ひらく時を待ちわびる『白鹿 花ひらく 吟醸生酒』は、春を感じながら味わっていただくのはもちろん、これまでの努力が文字通り「花ひらく」ときを待ちわびる方への贈り物にもおすすめです。

 


ページトップ
『白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』 開催のお知らせ 2017年01月27日


2017kurabirakimarche1.jpg西宮市内6社の蔵元(寶娘・白鷹・徳若・日本盛・大関・白鹿)の敷地を開放し、できたての新酒を味わいながら、“西宮の日本酒”に親しんで頂くイベント「西宮蔵開 2017」が今年も開催されます。
白鹿では、来る2017年2月18日(土)、しぼりたての日本酒が味わえるだけでなく、今話題の発酵フードやSAKEスイーツを堪能していただける『白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』を今までにない体験型蔵開きとして実施します。今回はお酒を飲めない方やお子様たちにも楽しんでいただくためのプログラムを多数用意しております。
 

2017kurabirakimarche3.jpg

体験ゾーンの酒蔵ラボでは、微生物の世界を当社研究員がわかりやすく解説、顕微鏡を用いて酵母の力を実際に見ていただくなど、“酒蔵サイエンス”を体験していただけます。その他、酒林(杉玉)づくりを親子で体験できる「ミニ酒林作りワークショップ」や、好評の蔵見学と酒樽の菰巻き実演など、実体験スタイルの蔵開きとなっております。

お酒の販売ゾーンでは、ここでしか買えない商品を多数用意。普段杜氏や蔵人だけが口にできる蔵開き限定の新酒『白鹿 蔵開き しぼりたて無濾過生原酒』、『山田錦 大吟醸 袋しぼり 』のほか、直営店舗“白鹿クラシックス”と“おづKyoto - maison du sake -" 限定のお酒も販売します。また、蔵開き限定の新酒『白鹿 蔵開き しぼりたて無濾過生原酒 300ml』をしぼってできたプレミアムな酒粕も限定販売します。その他、奈良漬や甘酒などの食品やオリジナル酒器も販売します。

 2017kurabirakimarche2.jpg今ブームの“発酵”をテーマにした飲食ゾーンでは、デミグラスソースに白鹿吟醸酒粕を使用した『西宮バーガー』や、酒米・山田錦で愉しむ『山田錦米酒粕カレー』、蔵元直伝の粕汁や甘酒も同時に販売します。
その他、 昨年10月に実施した『にしのみや Sweets & Sake Collection』で好評だった、酒や甘酒を使用した『SAKEスイーツ』・『Amazakeスイーツ』などのオリジナルスイーツを販売します。
更に、昔懐かしのポン菓子を山田錦米を使用した実演販売も行うなど、ここでしか味わうことのできないフードを用意しています。
 


酒蔵の街・西宮の風物詩の蔵開き。 『白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』では、日本酒好きな方はもちろん、普段日本酒に接する機会のない方も楽しめる新しい体験型蔵開きとなっております。
 

白鹿 蔵開きマルシェ&酒蔵ラボ』実施概要

会  場: 辰馬本家酒造株式会社 本社 
             兵庫県西宮市建石町2-10
             阪神電車 西宮駅より南へ徒歩約20分
 
開催日: 2017年2月18日(土)
 
時 間: 10:00~15:00 
 
入場料: 無料  
      
内 容: ①お酒・フード販売ゾーン(すべて税込)
  『黒松白鹿 山田錦 大吟醸袋搾り 300ml』 2,000円 限定70本
  ※兵庫県産米特上山田錦 100%使用/精米歩合40%
  『白鹿 蔵開き しぼりたて無濾過生原酒 300ml』 500円 限定700本
  山田錦ポン菓子(実演販売) 500円     
  直営店限定商品・蔵開き限定酒粕・奈良漬・酒粕・甘酒・
  お買い得商品など
 ②飲食ゾーン(すべて税込)
  西宮バーガー 950円・山田錦米酒粕カレー 500円
  SAKEスイーツ(生菓子) 500円・Amazakeスイーツ(生菓子) 500円
  冷酒・燗酒・粕汁・甘酒 など
 ③体験ゾーン
  ・酒蔵ラボ 11:00~・13:00~・14:00~(全3回)各回5組・各30分
  ・ミニ酒林つくりワークショップ 参加費300円 各回5組・各1時間
  10:30~・11:00~・13:00~・13:30~(全4回)
   *時間制・先着順・予約不可(保護者同伴での参加・小学生以上)
  ・蔵見学 
    午前6回 10:30~ 各30分/午後6回 12:30~ 各30分 (全12回) 
   *時間制・先着順・予約不可 各回10名
 ④菰巻き実演ゾーン(樽のお話) 11:00~・13:00~  各40分
     
その他: 駐車場はありませんので、公共交通機関等をご利用ください。
  ペットの入場はご遠慮ください。
  荒天の場合は主催者の判断で中止とさせていただく場合がございます。
  詳しくはHPにてお知らせいたします( https://www.hakushika.co.jp/ )。
 
お問い合わせ: 白鹿お客様相談室 TEL: 0798(32)2727 ※土日祝日を除く
           時  間: 9:00~17:00  
           E-Mail: customer@hakushika.co.jp

 


ページトップ
灘の蔵開き新酒まつり『灘五郷SAKEプラザ』開催のお知らせ 2017年01月20日

 2017nadagogosakeplaza_poster.jpg

 灘五郷酒造組合主催による、灘の蔵開き新酒まつり『灘五郷SAKEプラザ』が2月16日(木)・17日(金)の日程で、御影クラッセイベント会場にて開催されます。

日本一の酒どころ・灘五郷の蔵元が一堂に会する、年明け初の「蔵開き新酒まつり」。この季節ならではの新酒の味わいをご堪能いただけるイベントです。
灘五郷17蔵による有料試飲会のほか、昔ながらの酒造り唄や音楽ステージ、灘の酒抽選会など、お楽しみが盛りだくさん!初日の2月16日(木)17時からはオープニングセレモニーとして鏡開きを行い、先着100名様に樽酒のプレゼントがあります。
新酒を味わいに、ぜひお立ち寄りくださいませ。

←左のチラシをクリックしてご覧ください

          灘の蔵開き新酒まつり『灘五郷SAKEプラザ』概要

【日時】 2017年2月16日(木)・17日(金) 17:00~20:00
            ※16日(木)は鏡開きオープニングセレモニー終了後、開場
            ※チケット受付19:30まで

【会場】 御影クラッセイベント会場 (神戸市東灘区御影中町3-2-1)
            阪神電鉄「御影駅」北側 徒歩1分
            JR・六甲ライナー「住吉駅」 徒歩10分
            神戸市バス「阪神御影」 下車すぐ
            阪神バス「阪神御影駅北」 下車南へ徒歩3分

【内容】 ●灘の酒有料試飲会
            
灘の酒3種とおつまみ1セット 500円
           ●ステージイベント
             鏡開きオープニングセレモニー
             酒造り唄
             音楽ステージ
             灘の酒抽選会

【お問い合わせ】 灘五郷酒造組合 TEL:078-841-1101

【主催】 灘五郷酒造組合
【共催】 御影地区まちづくり協議会
【後援】 大阪国税局、兵庫県神戸県民センター、神戸市、西宮市

 


ページトップ
2017年新春初めてしぼった『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』 数量限定発売 2017年01月13日
17hatsushibori.jpg


 

 2017年1月4日(水)に新年初めて六光蔵でしぼった『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』(内容量:720ml/価格:1,200円<税別>)を数量限定で発売いたします。

『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』は、しぼりたてのお酒を直ちに火入れ瓶詰めすることでフレッシュな味わいを閉じ込めており、爽やかさと原酒ならではのコクを同時にお愉しみいただけます。2017年新しい年を迎え、その年初めてしぼったお酒をできたての味そのままに贅沢に愉しめる、まさにこの時期だけのお酒です。


本醸造原酒のしっかりとした旨みと調和する寒ブリ、脂ののった刺身など旬の魚介類との相性が特によく、焼くことで甘みの増した焼きガニなどは、『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』と一緒に味わうことで素材そのもののリッチな旨さが一層増します。
この時期ならではの旬の食材と一緒に贅沢にお愉しみください。

『黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒』は、全国の酒販店、酒量販店のほか、
直営の『白鹿クラシックス』、『おづ Kyoto – maison du sake - 』、『おづオンラインショップ』でも発売いたします。
2017年新春にふさわしい“初しぼり”という、この時期しか愉しめない贅沢なお酒を是非ご堪能ください。


ページトップ
2017年『白鹿えびす市』開催のお知らせ 2016年12月22日

 2017ebishuichi.jpg

 2017年1月9日(月・祝)~11日(水)の3日間、新年のはじまりを食と新酒で愉しむ『白鹿えびす市』を開催いたします。

全国のえびす神社の総本山であり、「開門神事福男選び」で有名な西宮神社では、毎年1月9日から11日の3日間、「十日えびす」という商売繁盛を祈願する祭事が行われ、多くの方で賑わいます。
その西宮神社の南側で酒造りをする辰馬本家酒造でも、この「十日えびす」にちなんで毎年『白鹿えびす市』を開催し、蔵出し新酒を限定発売しております。

2017年も、無濾過生原酒『白鹿 六光蔵で一月四日にしぼりました』700本、『黒松白鹿 もち米四段 純米 にごり酒』300本をご用意して『白鹿えびす市』会場限定で販売いたします。 そのほか、酒蔵でしか味わえない手作りの粕汁や酒饅頭をはじめ、蔵元ならではの味わいをお愉しみいただけます。

西宮神社にお参りの際にはぜひ足をのばしてお立ち寄りくださいませ。白鹿社員一同、皆さまのお越しをお待ちしております!


                       『白鹿えびす市』 概要
◆開催日
2017年1月9日(月・祝)・10日(火)・11日(水)の3日間限定

◆営業時間
白鹿・戎蔵 特設会場…10:00-21:00(11日は19:00まで)
白鹿クラシックスショップ…10:00-19:00

◆販売商品
<700本限定>
「六光蔵で一月四日にしぼりました 300ml瓶」1000円(税込)
<300本限定>
「もち米四段 純米 にごり酒 300ml瓶」1000円(税込)
※限定品につき、売り切れの際はご容赦ください
その他、粕汁、酒饅頭、甘酒 など

 


ページトップ
MBS毎日放送「ザ・リーダー」で弊社社長・辰馬健仁が紹介されます 2016年12月16日

MBS毎日放送「ザ・リーダー」。この番組は、企業トップのサラリーマン人生の秘話、いま描いている人生の夢、会社への思いなど、さまざまなエピソードを交えながら、知られざる社長の人間像をクローズアップし、企業の魅力、未来を描く経済ドキュメンタリー番組です。

ナビゲーターのMBS高井アナウンサーにより、弊社社長辰馬が紹介されます。
日本酒は食のおいしさの引き立て役として、新たな日本酒の楽しみ方へのあくなきイノベーションをご紹介します。

放送日は、2017115日(日)朝500分~530分です。
ぜひ、ご覧ください。

詳しくはMBS「ザ・リーダー」公式ページ  http://www.mbs.jp/leader/


ページトップ
『モトロク灘の酒ストリート2016』 開催のお知らせ 2016年11月12日
motoroku2016_1.jpg

motoroku2016_2.jpg

神戸・元町六丁目商店街と灘五郷酒造組合がタイアップして「灘の酒」と「兵庫の食」のコラボを提案するイベント『モトロク灘の酒ストリート2016』が、2016年11月25日(金)・26日(土)に開催されます。
灘五郷の蔵元による有料試飲会や灘の酒に合う兵庫の食材を使用した神戸の有名店による飲食ブースのほか、「モトロク音楽ステージ」では音楽イベントを中心とするストリートイベントが行われます。
灘五郷のひとつ「西宮郷」から白鹿も出店いたします。「灘の酒」と「兵庫の食」を楽しむ2日間の特別な商店街にぜひ遊びにいらしてください!

<<< モトロク灘の酒ストリート2016 >>>
【日時】 2016年11月25日(金) 17:00~21:00
           2016年11月26日(土) 15:00~20:00
    
【会場】 元町6丁目商店街 (神戸市中央区元町通6丁目)
             阪神電鉄「西元町駅」西口を出てすぐ
             阪急電車「花隈駅」西口を出て南西へ徒歩約10分
             JR東海道線「神戸駅」中央口を出て南東へ徒歩約8分

【内容】 ●灘五郷の蔵元による有料試飲会
       お好きな灘の酒が3杯飲めるチケットを500円で販売
       ※試飲は売り切れ次第終了致します
           ●灘の酒に合うひょうご五国の食でおもてなし 
           ●モトロク音楽ステージ
   -------------------------------------------------------------------------
           *11月25日(金)のみ
            17:30~ 鏡開き オープニングセレモニー 
            18:20~ 酒造り唄(モトロク音楽ステージ)   
 
【お問い合せ】 元町六丁目商店街振興組合
                     TEL: 070-5652-1922
                     Mail: info@motoroku.com

【主催】 元町六丁目商店街、灘五郷酒造組合
【後援】 兵庫県神戸県民センター、神戸市、西宮市

※都合によりイベント・ショーの時間・場所・内容・出店店舗が予告なく変更または中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆詳しくは左のチラシをクリックしてご覧ください

 


ページトップ
新酒を告げる 杉の香りも清々しい「酒林(さかばやし)」付け替え-白鹿記念酒造博物館 2016年10月31日
16sakabayashi4.jpg

16sakabayashi5.jpg

本日2016年10月31日に、白鹿記念酒造博物館では玄関のシンボルとなっております酒林(さかばやし)の付け替えを行いました。

酒林は杉の葉を束ねて丸く球状に刈り込んで作ったもので、造り酒屋などの軒先に吊るすことで、新酒が出来た事を知らせる役割を果たしていました。酒林は、酒の神様をまつる奈良県大神神社(おおみわじんじゃ)の三輪山の杉にあやかったものとされ、三輪山の杉の木をご神木としていたので造り酒屋にとっても神聖なものでありました。

白鹿では、杜氏や蔵人から伝え受け継いできた方法を継承していく為に、毎年社内で酒林を製作し、六光蔵を始め社内外の各施設に吊るしています。

丹波の山から採取してきた杉の葉を一定の長さに揃え、竹で編んだ球状のかごに束ねて挿していき、約3週間かけて複数の酒林を仕上げていきます。杉の葉の採取から製作、付け替えまでを全て社員の手で行い、今年も無事に新酒が出来上がった事を感謝します。

本日、白鹿記念酒造博物館の入口に吊るされたのは、直径約1mで、また重さも約100kgの大きな酒林で、男性7人がかりで付け替えられました。

白鹿記念酒造博物館では新酒の季節を告げる風物詩として毎年、玄関先に酒林を吊るし、皆様のご来館をお待ちいたしております。


ページトップ

  • 辰馬本家酒造株式会社

  • facebook
  • instagram
  • youtube