• 简体中文
  • FRENCH
  • ENGLISH
  • CM情報
  • スキンケアシリーズ ネオキューブ
  • 日本酒由来の新素材 αGG
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿クラシックス
ホーム > 白鹿記念酒造博物館 > 酒蔵館のご案内
白鹿記念酒造博物館
酒蔵(さかぐら)館のご案内
・A. 酒蔵館正面入口
酒蔵館正面入口

酒蔵館の正面玄関は、長屋門をイメージしています。この入り口横にかけられている幕は、「太鼓幕」と呼ばれるものです。また、幕に書かれた「酒」という文字は江戸時代の文人の一人として知られている亀田鵬斎<かめだほうさい 宝暦2年〜文政9年(1752〜1826)>の字です。

※彼の狂詩の一つ「酒徳経」を掲げておきます。
吉野竜田也隅田川 よしのたつたやすみだがわ
酒賀無礼婆只之処 さけがなければただのとこ
劉伯倫也李太白 りゅうはくりんやりたいはく
酒乎飲弥婆只之人 さけをのめねばただのひと
酔酔酔酔酔也薩阿 ゑひゑひゑひゑひゑひやさあ

ページトップ
・B. 板石道
板石道

昔、西宮の路地は高い酒蔵で両側が迫っていたため、暗く狸がよく出たそうです。その中を、宮水を運ぶ大八車が行き来しました。この大八車が走りやすいように石をレール状に敷き、その道は港へとつながっていました。これを板石道と呼びました。

ページトップ
・C. 小ホール
小ホール

ここは昭和30年代の上棟のため、「明治の酒蔵」というテーマから外れるので、復興計画の中では取り壊しを考えていました。しかし、大震災を経験し「震災を記憶する」というテーマには叶っているため、残されました。当時は、麹室として使用されていましたが、現在は多目的ホールとして使用しています。

ページトップ
・D.釜場 <遺構>
釜場(遺構)

昭和20年代まで使われていた釜場跡です。石炭を使用しており、煙突がありました。しかし、その煙突は屋外には出ておらず、煙出しのみがありました。炊き口を囲むように壁があったようなしっくい痕跡が見られます。

ページトップ
・E. 会所部屋
会所部屋-1会所部屋-2

蔵人が炉を囲んで食事をしたり、休憩する場所です。部屋の中央に囲炉裏があり、暖房のほか湯茶や汁物などを煮るのに利用しました。

ページトップ
・F. 酒造り道具クイズコーナー
酒造り道具クイズコーナー

道具コーナーにある酒造道具を台の上に置く、もしくは酒造道具についている番号を画面下のキーで打ち込むと、その酒造道具の解説が始まります。また、クイズが入っているものもあり楽しめます。装置の解説よりも、酒造道具を持って、重さ・手触り・仕組などを知ってもらい、どのようにして使ったのか?どうしてこの木を使ったのか?などを感じてほしいです。

ページトップ
・G. 槽場(ふなば) <遺構>
槽場ふなば(遺構)

槽場は酒をしぼる場所です。槽(ふね)の中にもろみを入れた酒袋を並べ重ねて入れ、初めは酒袋から酒が自然に流出し最後には圧力をかけてしぼり、酒と酒粕に分けます。 この槽場遺構は半地下式コンクリート製の基礎が合計4槽分確認されています。

ページトップ
・H. 桶・樽つくり
槽桶・樽つくり-1槽桶・樽つくり-2

材質は両方とも杉で出来ています。「桶」は酒造用具として使われることが多く、強度の強い柾目材(木目が縦)を使用しています。「樽」にはフタがあり、おおむね容器として使われるため、水分を通しにくい板目材(木目が平行に通っていないもの)を使用しています。

ページトップ

  • 辰馬本家酒造株式会社

  • facebook
  • instagram
  • youtube