メニュー
Global

アテなレシピ

関西では、酒のつまみ、酒肴のことを“アテ”と言います。ササッと作れる、白鹿の酒に合う“アテ”のレシピを動画にしました。簡単でおいしいアテなレシピ、ぜひ一度作ってみてください。

Vol.19鶏つくねの特製おろしソース×大吟醸酒

味付なめ茸を調味料として生かしたアイデアメニュー。あれこれ調味料を使わなくても、味付なめ茸でしっかり味付けしたつくねは、ふっくら柔らか、旨みたっぷりの仕上がりに。また、なめ茸の食感がアクセントにもなり、味わいがアップします。鶏つくねの旨み+特製おろしソースの酸味に、大吟醸酒の爽やかな香りと味わいがよく合い、心地よい相性を楽しめます。
●調理時間: 15分

材料(2~3人分)

鶏モモ挽肉250g
味付なめ茸50g
白ネギ10cm分
ししとう8~9本
大根適量

[調味料 A]
砂糖
醤油
穀物酢
ウスターソース


大さじ1
大さじ2
大さじ2
小さじ1
小さじ1/5目安
こしょう適量
適量

作り方

  1. 1大根をすりおろしてザルに入れ、自然に水分をほどよく切る。
  2. 2ししとうは長いヘタを切り、縦に切り込みを1本入れる。白ネギは粗みじん切りしておく。
  3. 3ボウルに鶏モモ挽肉、味付なめ茸、塩小さじ1/5目安、こしょう少々を入れ、②の白ネギの粗みじん切りを加えよく混ぜ合わせる。混ぜ合わせたタネを8〜9等分にし、平たい丸型にしてバットに並べておく。
    ※柔らかいつくねダネができる。
  4. 4別のボウルで[調味料A]を混ぜ合わせ、特製ソースを作る。
  5. 5フライパンを熱して油を引き、③のつくねダネの真ん中を少しへこませて焼いていく。次に、②のししとうを焼く。
    ※タネが柔らかいので、形を作りながらフライパンに入れる。
  6. 6器に、⑤のつくねを並べて、その上に①の大根おろし、⑤の焼いたししとうを盛り付ける。最後に④の特製ソースをかけて完成。
レシピ監修 / 食研究家 石井 達也・石井 裕加